カード詐欺とは?

カード詐欺とは?

カード詐欺はクレジットカード協会や銀行協会などを装った者が、クレジットカードやキャッシュカードを持ち主から搾取して現金を引き出すものである。
その手口は「カードが不正活用または利用されているため確認させて欲しい」とか「スキミング調査のため」と偽って訪問し、その場で暗証番号を聞き出し、カードを預かると言って持ち去る。
一度カードを取られたら、残高のある限り際限なくお金が引き出される可能性があるため、被害額が大きくなることが有る。
このようなカード詐欺の被害に遭わないために、普段から暗証番号を他人に漏らしたりカード渡したりしないように注意が必要である。
特に被害に遭いやすいお年寄りには周囲の者が気を付ける必要が有る。カード会社や金融機関の職員が暗証番号を聞き出したり、カードを預かったりすることはあり得ない。
スポンサードリンク

カード詐欺とは?-その2

またカード会社からの明細書に本来の支払い額より多い金額や、身に覚えのない取引が記載されていることが有る。
これは悪質な店舗が商品金額に上乗せしたり、架空の取引を送信している詐欺の可能性が有る。
カードを上手に活かす際に店員がカードを持って別室に移動したり、不審な行動をしていたら注意が必要である。
こういった詐欺を見逃さないために買い求めた時の領収書は取っておき、支払い明細書が送られてきた時にガッチリ内容を確認することが肝心である。
カードは優秀で便利な道具であるが、たくさんの危険を所有している。保管や活用または利用など取扱いは慎重に行いカード詐欺から身を守ろう。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX