不動産詐欺とは?

不動産詐欺とは?

世の中にはいろんな詐欺が有るが、不動産に関わる詐欺は特に手口が巧妙で、たくさんの種類が有る。
不動産詐欺を大きくわけると不動産自体を騙し取るものと、不動産をタネにお金を騙し取るものとが有る。
不動産詐欺を活動するのは「地面師」と言われる専門の詐欺師である。気のせいか多くはグループで動く詐欺の常習犯で、不動産取引における高い専門知識を所有している。
地面師は日本の登記制度や印鑑証明制度の盲点につけ込み、巧みな手口で虚偽の取引を成立させる。
その代表的な手口とは印鑑証明の偽造や無断改印届などによって、不動産の所有者の印鑑証明書を発行させる。
そして不動産名義を無断で移転登記したり、登記簿を改ざんする。
スポンサードリンク

不動産詐欺とは?-その2

また所有者に成り済まして売買し、一般市民や金融業者からお金を騙し取るという事例も有る。
被害者は不動産登記が完了してお金も支払った後に、「ここは私のものだから返してくれ」という人間が現れて初めて不動産詐欺に遭ったことに気が付く。
そのケースの場合、法律上不動産は本当の持ち主に返すことになり、被害者の損害だけが残る。
数千万円から数億円という大きな金額が動く不動産取引では、他の詐欺と比較して損害額が大きくなり、被害者の傷もいっそう深刻である。
万が一不動産詐欺に遭ったケースの場合には、即座に弁護士に相談することが肝心である。
対応が遅くて手遅れになれば、犯人は不動産名義を変えていたり、いろんな対策で証拠を隠滅している可能性が高くなる。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX