架空請求詐欺とは?

架空請求詐欺とは?

架空請求詐欺とは身に覚えのないサービスの活用料を一方的に請求してくる詐欺である。現在は減少傾向にあるものの、手口は年々巧妙化し、被害者が後を絶たないのが現状である。
架空請求で多いのは有料番組ホームページの活用または利用料金、出会い系ホームページの事務手数料、民法指定消費料金、債権などの請求である。
近年では不正な楽曲のダウンロードに対する損害賠償などの名目も増加している。
請求書は大抵のケースの場合電子メールやはがき、封筒で届くるが、電報で届いたという例も有る。
法律用語を用いた丁寧な文章で、あたかもこちらに非があったかと思わせる巧みな文章であるが、その内容には「入金がないと訴訟を起こす」とか「勤務先へ出向く」など脅し文句が含まれていることも有る。
スポンサードリンク

架空請求詐欺とは?-その2

何回も架空請求が継続したことで心理的に追い詰められて、ついに身に覚えがない活用料を振り込んでしまったという人も少なくない。
請求書が届いたケースの場合、請求内容に覚えがあるかないかを冷静に判断し、身に覚えがなければ例え「お問い合わせ欲しい」と書かれていても、決してこちらから連絡をしてはいけない。
一度電話番号を知られてしまうと、後のちまでターゲットとなって執拗に請求が継続する可能性が有る。
架空請求は何度届いても相手にせず、自分の判断で振り込まないことが肝心である。
裁判所など公的機関からの非常に大事な連絡は、メールや一般郵便で送られることはない。
架空請求は相手を不安にさせ、トラブルに巻き込まれたくないという心理を活用または利用した、卑劣な詐欺なのである。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX