振り込め詐欺と警視庁の対策

振り込め詐欺と警視庁の対策

振り込め詐欺の被害をなくすためには、犯行グループの検挙率を上げることが一番効果的である。
検挙率が上がって犯罪が厳罰化されれば、振り込め詐欺は割に合わない仕事となり、詐欺を活動する人間が減ると考えられるのである。
社会問題と為っている振り込め詐欺に対して、警視庁ではいろんな対策を行っている。
振り込め詐欺の被害の気のせいか多くはATMの振り込みよって生じる。そこで対策の1つとして、ATM付近で不審者に対する警戒をし、ATMを上手に活かすお年寄りや、携帯電話を掛けながら振り込み操作をしている人に対する声かけを行っている。
これにより振り込みを実践する直前に本人が詐欺であることに気がつき、被害を防いだ例も有る。
スポンサードリンク

振り込め詐欺と警視庁の対策-その2

また地域の安全を守る交番では、警察官が直接お年寄りの自分の家を訪問して振り込め詐欺への対策を呼び掛けている。
テレビや新聞など情報源と関わらないお年寄りにも、振り込め詐欺の存在を伝達している。
普段は振り込め詐欺に騙されな何時もりでいても、実際に自分が詐欺に会うと判断力を失い、つい騙されてしまったというお年寄りが気のせいか多くいる。
そこで警視庁では「振り込め詐欺撃退カード」を作成し、電話をしながらでも目に入る電話口の近くなどに貼ることを推奨している。
他にも犯行グループのアジトに関連した情報収集や、振り込め詐欺を助長する犯罪の取り締まり強化、振り込め詐欺抑止月間やキャンペーンなどを継続的に行い、組織全体で振り込め詐欺の被害抑止に取り組んでいる。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX