防犯カメラの種類

防犯カメラの種類

防犯カメラにはいろんな種類のカメラが有る。主に現在使われている種類に関して解説してみたいと思う。
まずボックス型のカメラである。この種類の防犯カメラは「箱型」とも呼ばれ、一番気のせいか多く活用されている種類になる。
ボックス型のカメラのメリットというと、いかにも防犯カメラという感覚の様な形状をしている為に視覚からして防犯効果を得る事ができる。またいろんなオプションを付ける事ができるので、いろんな環境に対応する事が可能である。
またボックス型のカメラのデメリットとしては、防犯カメラを設置する場所によって、コストが余計にかかってしまう可能性が有るということだ。
レンズの向きが一定方向にある為に、死角が出来やすくそこが狙われやすいものである。
まあ、いかにも防犯カメラという形状で威圧感がある為に、付けているだけでも充分に防犯効果が待望できると思う。
次は、暗視型のカメラである。
暗視型のカメラとは、暗闇の中でも好感度CCDや赤外線ライトを活用して撮影する事が可能な防犯カメラのことである。
スポンサードリンク

防犯カメラの種類-その2

暗視型のカメラのメリットとしては、普通撮影が出来ない暗闇の中を撮影する事ができるということである。
また暗視型のカメラのデメリットとしては、レンズ性能がカメラに付いていて交換不可能な為に、撮影範囲に大きく影響を及ぼす事があるということだ。
次に、ドーム型のカメラである。
ドーム型のカメラとは、ドーム型にしたケースの中に小型のカメラを入れるという物である。
公共施設や商業施設の天井に設置されている事が多いものであるが、防犯カメラで実感する様な威圧感が無いので良いと思う。
ドーム型のカメラのメリットであるが、威圧感があまりない為に、じっと撮影されているという縛りも無くなるということだ。レンズが外目からは見えない為に何処を見ているのか分からないという事が有る。
ドーム型のカメラのデメリットとしては、屋外では付ける所がない為に使いにくいということが挙げられる。
ドーム型のカメラの場合、機種によってはレンズが交換出来ないという不便さも有る。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX