防犯カメラと活用時間帯

防犯カメラと活用時間帯

防犯カメラは目的によっていろんな種類の中から選べば良いと思うのであるが、活用したい時間帯によってもえらぶ基準が変わると思うので、以下に活用時間帯毎に記述したいと思うので参照事項として見てみて欲しい。
まず朝と昼の場合である。
朝や昼間であればよっぽどの悪天候ではない限り、外も中も真っ暗になる事は無いと思う。であるから、この時間帯に防犯カメラを用いて監視したいのであれば明るさという観点で防犯カメラをえらぶ必要は無いと思う。
つまり暗視機能が付いたカメラは特に必要が無いという事になるが、屋内でも窓が無く外の明かりを取り入れられない場所は例外となる。
スポンサードリンク

防犯カメラと活用時間帯-その2

次に夜間の場合である。
夜の時間帯になると場所にもよるが、住宅街や街灯が無い様な所だと真っ暗闇になってしまうし、家の中でも電気を付けていない所、人がいない場所だと真っ暗闇になってしまう。
そんな暗くて明かりが臨めない場所に防犯カメラを設置するのであれば暗さをよく考えなければならなくなる。
もし暗さのレベルが薄暗い感覚であれば「高感度監視カメラ」を選択すればOKだと思う。
但し、赤外線カメラを使ったケースの場合には赤外線を照射する範囲が狭く為っているので映す視野も狭くなってしまう。であるから安易に薄暗いレベルでも赤外線カメラを買えば良いという訳では無い事を覚えておこう。
防犯カメラは活用する時間帯によってえらぶカメラが変わるという事、24時間活用するなら夜間活用できるカメラを基準にしてえらぶ様にすべきだろう。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX