防犯カメラで証拠を残す

防犯カメラで証拠を残すのエントリー一覧

学校に最適な防犯カメラ
いま、学校に防犯カメラを設置している学校が増加してきている様である。昔から考えると考えられない事である。
子供達にとって安全な場所と言ったら「学校」という位昔は学校が安全な場所として認識されていたが、いまの世の中、学校における犯罪も多発してきている事から学校は絶対に安全な場所では無いという事がいえると思う。
数年前に大阪で起きた学校での事件をきっかけにして防犯対策をする様になった学校は急増している。
たとえば登下校の時間以外の校門閉鎖、子供には防犯ブザーを配布する、登下校時には各保護者が付き添うようにするなど、あらゆる防犯対策が講じられている。
しかし、どのようなに防犯対策を凝らしても目が行き届かない場所という所はある物である。
防犯カメラの使い方
防犯カメラを用いるにあたって、どのような使い方があるのだろうか?
たとえば、ある飲食店のケースの場合で夜間に店長がいないのでアルバイトのみで営業させている為、たまに伝票と売上が合わない事があるとする。そうしたケースの場合の為にアルバイトを監視する事を目的として用いる使い方も有る。
人を監視する為に防犯カメラを付けるというのはあまり気持ちが良いものではないが、意外と従業員を監視する為に防犯カメラを付ける企業は多いそうである。
後、防犯カメラをよく見かけるのはコンビニだと思う。あのちっぽけな店舗にいくつ付いているのだろうという位設置されている。たとえば、入り口、レジ、陳列棚、駐車場等を監視できる様な位置に付いている。
防犯カメラのレンタルとリース
一般的な家庭で防犯カメラを購入して取り付けるという事は可能な事なのであるが、防犯カメラは取り付け、それでお終いという訳にはいかないのだ。
いつでも最高の状態で用いる為には継続的にカメラを点検する必要が有る。
でも個人で継続的に点検をするのは専門知識も無いのでたいへんなのじゃないかと思う。
特に会社なんかで活用していていざという時に動かないという事になってしまっては防犯カメラの意味も無くなってしまう。
こういった点検不足が起こらない様に防犯カメラにはレンタルシステムやリースシステムが有る。
防犯カメラをリースする様にすると継続的にメンテナンスや点検を行ってくれるのでいつでも快適に用いる事ができる。
またリースを用いるメリットはそれだけではなく、リース会社が提供しているサービスも有る。
防犯カメラの種類
防犯カメラにはいろんな種類のカメラが有る。主に現在使われている種類に関して解説してみたいと思う。
まずボックス型のカメラである。この種類の防犯カメラは「箱型」とも呼ばれ、一番気のせいか多く活用されている種類になる。
ボックス型のカメラのメリットというと、いかにも防犯カメラという感覚の様な形状をしている為に視覚からして防犯効果を得る事ができる。またいろんなオプションを付ける事ができるので、いろんな環境に対応する事が可能である。
またボックス型のカメラのデメリットとしては、防犯カメラを設置する場所によって、コストが余計にかかってしまう可能性が有るということだ。
レンズの向きが一定方向にある為に、死角が出来やすくそこが狙われやすいものである。
まあ、いかにも防犯カメラという形状で威圧感がある為に、付けているだけでも充分に防犯効果が待望できると思う。
次は、暗視型のカメラである。
暗視型のカメラとは、暗闇の中でも好感度CCDや赤外線ライトを活用して撮影する事が可能な防犯カメラのことである。
防犯カメラの種類パート2
防犯カメラにはいろんな種類のカメラがあるってご存知だったか?
何故なら防犯カメラを設置する場所、防犯カメラを設置する目的等、用いる側の活用または利用用途に対応させているからである。
下記にどのような種類の防犯カメラがあるか挙げてみたいと思うので参照事項として見てみて欲しい。
まず箱型タイプの防犯カメラである。
一番シンプルでオーソドックスなカメラで、形はいかにも防犯カメラという様な四角い箱型の形をしている。
このタイプのカメラには先端にレンズが付いていて、パッと目にしただけで防犯カメラだという事が分かるので威嚇をする意味でもただ付けておくだけでも効果が有る。
防犯カメラの録画方法
防犯カメラには記録画機能が付いていて、映像や画像を記録画する。いまある防犯カメラの気のせいか多くはこのタイプだと思う。
また記録は出来ないけどいま現在の状態を、モニターを通して閲覧するタイプの物も有る。
下記にいろんな映像や画像の記録方法が有るので参照事項として見てみて欲しい。
まずHD(ハードディスク)レコーダーである。
このHD(ハードディスク)レコーダーとは、機械本体のハードディスクを用いて記録するので、ビデオテープのような毎日テープを交換するという手間を省く事ができる様になる。
またデジタルに記録しているのでテープが伸びてしまってダメになったなどの劣化が殆ど無い事になる。
このハードディスクを使った記録方法は現在、防犯カメラの主流と為っている。何故なら優秀で便利だし、画像も綺麗だしという事が挙げられると思う。
防犯カメラの設置場所として適当な場所
防犯カメラを付けるという事は犯罪抑止・抑止をするために必要な機器だと思う。
では防犯カメラを設置する場所として相応しいのはどこだろうか?それは設置する場所がお店なのか、会社なのか、個人の家なのか、道なのか、それによって異なると思う。
防犯カメラを一般的な家庭に設置するケースの場合であるが、家の周りに外壁があるのであれば防犯カメラは必要だと思う。
外壁があって中に犯罪者が侵入したケースの場合防犯カメラが無いと本当に危険になる。
また付近に家が少ないケースの場合、自分が家を留守がちにするケースの場合にも防犯カメラは設置した方が良いと思う。
空き巣や泥棒は自分のテリトリーを所有しているみたいで、同じエリア内に出没する可能性が多いに有る。
防犯カメラの設置場所パート1
防犯カメラを設置する際にどこに設置したいのか、設置したらどの時間帯を監視する様にしたいのかそこをキッチリと確認しておく必要が有る。
ここではその中でも「玄関」と「駐車場」に設置する場所に関して解説してみたいと思う。
防犯カメラを設置する場所と言ったらやっぱり家の中でも防犯面で気に為っている所だと思う。その場所に合わせてえらぶカメラも変わってくるので吟味(ぎんみ)する必要が有る。
まず玄関である。
やっぱり防犯面で一番気になるのは家の入り口である玄関なのではないだろうか?泥棒や空き巣も玄関から侵入してくる際にはピッキング行為をしなければならないだろうし、防犯カメラを設置するには実に適切的な場所だと思う。
防犯カメラの設置場所パート2
防犯カメラを設置する際にどこに設置したいのか、設置したらどの時間帯を監視する様にしたいのかそこをキッチリと確認しておく必要が有る。
ここではその中でも設置する場所に関して解説してみたいと思う。
防犯カメラを設置する場所と言ったらやっぱり防犯面で気に為っている所だと思う。その場所に合わせてえらぶカメラも変わってくるので吟味(ぎんみ)する必要が有る。
まずベランダである。
ベランダは2階にあるのが殆どだと思うが、家から外に出る事もできるし、逆に言うと外から中に入る事も可能な場所である。
また人目に付きにくい場所がら泥棒や空き巣が狙いやすい場所でも有る。であるからここに防犯カメラを設置する事は実に適切的な事となるのである。
防犯カメラの選び方
一言で防犯カメラと言ってもいまは本当にいろんな種類の防犯カメラが出ていて、どのような種類の物を選んだらいいのか本当に選び方に迷ってしまうと思う。
そこで、ちょっと一般的な家庭などで使われているケースに関して解説してみたいと思う。
まず企業と自分の家では防犯カメラの用途も異なるし、規模も異なるので、自分の家で防犯カメラや監視カメラを導入しようとするケースの場合にはなるべく低コストで済ませたい物だと思う。
でもいくら低コストと言っても機能があまり無い物だと無意味だと思うのでせめて暗視機能位は付いている様なカメラを買い求めた方が良いと思う。
また、防犯カメラの映像をモニターで映すタイプとレコーダーに記録するタイプとが有るが、レコーダーが付いて映像を記録できるとなると相当のコストアップになってしまう事になる。
防犯カメラと活用時間帯
防犯カメラは目的によっていろんな種類の中から選べば良いと思うのであるが、活用したい時間帯によってもえらぶ基準が変わると思うので、以下に活用時間帯毎に記述したいと思うので参照事項として見てみて欲しい。
まず朝と昼の場合である。
朝や昼間であればよっぽどの悪天候ではない限り、外も中も真っ暗になる事は無いと思う。であるから、この時間帯に防犯カメラを用いて監視したいのであれば明るさという観点で防犯カメラをえらぶ必要は無いと思う。
つまり暗視機能が付いたカメラは特に必要が無いという事になるが、屋内でも窓が無く外の明かりを取り入れられない場所は例外となる。
防犯カメラと盗聴器の関係性に関して
「防犯カメラ」と「盗聴器」というとそれとなく目的も異なるし、片方は守る物、片方は犯罪みたいなイメージがあると思う。
「防犯カメラ」に関連しては「不審者、侵入者、犯罪を防犯するという目的で監視をする物」だと思うし、「盗聴器」は「盗聴器を用いて相手の許可無しに情報等を盗み聴きする物」だと思う。
しかし、この2つには共通している部分があり、どちらも「情報を得る」という点が共通している。
それが犯罪になるかならないかは取得した情報の活用または利用目的次第という事になるのであるから実に曖昧だと思う。
活用または利用目的が犯罪の抑止の為であるのであれば、この「防犯カメラ」と「盗聴器」これらの2つの機器は繋がるという事になる。
防犯カメラの仕組み
防犯カメラはどういう仕組みで動いているのだろうか?
結構仕組み的にはシンプルで、まず撮影をする為のカメラが有る。カメラは映像を撮影する。
撮影された映像は有線や無線でモニターに伝送され、モニターに映し出される事になる。
これだけ耳にすると相当シンプルである。でもそんなに単純なだけでもないのでもうちょっと防犯カメラの仕組みを挙げてみたいと思うので、ぜひとも防犯カメラをもっと納得してみて欲しい。
まず防犯カメラに絶対に欠かせない物、それが「カメラ」である。映し出す映像を如何に綺麗に鮮明に映し出すかが相当の非常に大事度だと思うのである。
防犯カメラにて犯罪抑止は可能か?
「防犯カメラ」を「防犯」という意味で考えてみて欲しい。
「防犯」=「事件を未然に防ぐ」という意味が有るが、この観点から防犯カメラを閲覧すると残念な事であるが、ちょっとむずかしいのではないかと思う。しかし事件が起きてしまった後の情報を提供するという意味では、ガッチリとその任務を成し遂げていると考えられる。
実際に防犯カメラを用いての犯罪検挙率は相当高いみたいものである。という事から考えてみても防犯カメラそのものに防犯効果は低くても事件を解決させる確率が高い為に結果的に「防犯カメラを取り付ける」=「犯罪を防ぐことができる」という事に繋がる訳である。
防犯カメラが活用されている主な場所はスーパーや百貨店、ショッピングモール等で良く見かけたりすると思う。
防犯カメラ設置の重要ポイント
防犯カメラを設置する際にはより効率よく効果的に設置する事が肝心である。
また防犯カメラには実にいろんな種類の防犯カメラが有るので、自分の上手に活かす目的または設置しようとする場所によって防犯カメラをえらぶ事が肝心になる。
初めに防犯カメラを導入した際にかかる費用を見積もってもらい、機能やオプション等も必要であれば取り入れられる様にすべきだろう。
防犯カメラをえらぶケースの場合の重要ポイントであるが、できるのであれば白黒よりはカラーのカメラを選んだ方が良いと思う。
何故かというと万が一、犯罪が起きて防犯カメラで確認をすると思うが、その時白黒であれば大事な特徴点を見逃してしまう可能性が有る。
たとえば犯人の髪の色、服の色、車の色等であればカラーのカメラならば特定する事が可能となる。
防犯カメラを設置すると良い理由
防犯カメラを設置してみようと決定したら、初めにやる事は防犯カメラを取り扱っている業者に連絡をして見積りをしてもらおう。
防犯カメラを取り扱っている業者に見積りの申し込みをする際にはインターネットホームページ、または電話連絡によって申し込みする様にすべきだろう。
見積りをメールや電話だけで実践するのは厳しく、実際に設置する場所に来てもらい、設置台数、設置場所、ケーブルの長さなどを見てもらい計算してもらう必要が有る。
その後、やってもらうと決定したら工事費用や工事日などを決めれば良いと思う。
工事日が決まったら業者に色んな準備をしてもらおう。但し金額面に関連してはキッチリと確認をする事が肝心である。見積り以外の出費、工事前に支払うケースなど確認をしておかないとトラブルの元になるので注意が必要である。
防犯カメラを設置したいと考えている人に読んで欲しい
防犯カメラを設置しようというケースの場合、大抵は設置する目的があると思う。たとえば、お店で設置するケースの場合には万引きを監視する為に、個人の自分の家で設置するケースの場合には留守中の防犯の為に設置するという目的があると思う。
では、実際に防犯カメラを取り付けたいとしたケースの場合、どうすれば良いのだろうか?
まず防犯カメラを購入して取り付けるのか、レンタルやリースをして取り付けるのか決定する必要が有る。
また防犯カメラの種類もたくさんあり、予算や目的に応じて性能とか価格を比較して決定する必要があると思う。
防犯カメラの活用または利用
防犯カメラを効果的に活用させる為には防犯カメラを設置する場所が大きく左右されると思う。
どういう事かというと、防犯カメラというのは犯罪を未然に防ぐ事、これが目的であるので、それに相応しい場所等に防犯カメラを設置する必要があるのである。
防犯カメラの効果としては、犯罪が実際に生じた際、状況証拠の映像として使われるケースの場合も有るし、犯罪を実践しようと思っている人が、防犯カメラがあるから止めようと思わせる犯罪抑止効果も有る。
その効果を発揮させるケースの場合には防犯カメラを付けている事がよく分かる事、付けている事を周りに周知させる事が必要になってくると思う。
防犯カメラという物に関して
防犯カメラを設置するという事は犯罪を未然に防ぐという目的の為に設置するカメラだという事で、設置するだけでも撮られているという威嚇の意味も込めて犯罪を防ぐ事ができるテレビカメラみたいな感覚になる。
ここで映された映像は同時中継の様に自分の家や統制・管理会社、警備会社で閲覧する事ができ、記録できる機器に繋ぐと映像を記録する事も可能になる。
防犯カメラが設置されている主な場所としては、「百貨店」「コンビニ」「銀行」「郵便局」「本屋」等やや不特定あまたの人が集まる場所に設置されている。
防犯カメラを設置する目的としては、たとえばコンビニや本屋などの小売店のケースの場合には万引きを抑止するという意味合いも有るし、万が一強盗などに入られたケースの場合の監視カメラみたいな任務も成し遂げる。
防犯カメラに関連した設置の基準
近年、防犯カメラはいろんな場所に設置されている。何処を見ても防犯カメラがあると常に誰かに見張られている様な感覚がして気持ちが良い物では決してない。
鉄道会社を例にして挙げてみると、ちょっと前までは防犯カメラの映像を警察など外部に見せるケースの場合というのは事件が生じてからという様にしていたみたいものであるが、いまは継続的に巡回に来ている警察官に防犯カメラの映像を見せているそうである。
これに関しては賛否両論あって、防犯面に関連して言うと良いけれども、何も無いのに映像を見せるという事はプライバシーの侵害、個人情報漏洩、肖像権の侵害にあたるとしてよく思っていない人もあまたいるようである。
防犯カメラが夜間に必要な理由
防犯カメラを設置していても、空き巣や泥棒に入られるお宅や店等もたくさん有る。
そんな話を耳にしてしまうと、防犯カメラなんて付けても付けなくても同じじゃないの、同じなら付けなくても良いねなどと思う人も当然たくさんいるだろう。
そう言ったケースのケースの場合、気のせいか多くは家や店に誰もいなくなってしまう時間帯に防犯カメラを作動させていない事が多いのだそうである。
お店のケースの場合、営業中は従業員の監視や客の万引きの監視と監視をする対象がある為に防犯カメラを作動させているのであるが、店を閉店させると監視する相手がいないので、コスト削減の為に防犯カメラを止めてしまうみたいなのである。それってよく考慮したらおかしい話である。
防犯カメラに関して≪一般的な家庭≫
防犯カメラとは銀行や商業施設などに設置する物で一般的な家庭においては無縁の物という様な認識でいたと思う。現在は家の中にいるからと言っても決して安心・安全ではない位凶悪な犯罪が増加して来た様に思える。
そのせいかいま現在では安全や防犯に関連した意識も変わってきて、一般的な家庭でも防犯カメラを設置するところが増加して来た。
一般的な家庭に防犯カメラを設置するケースの場合にはテレビモニター代わりにして用いる様にもできるし、記録もしたいというのであればビデオやハードディスクなどの記録装置も準備する必要が出てくのである。
いまはハードディスクレコーダーやビデオ機器などはどこの自分の家にもあるだろうから、それに接続しておくだけで夜間や留守中の様子をいつでも後から確認する事ができる。
防犯カメラに関して≪マンション≫
住宅の購入を考えているケースの場合、マンションと一戸建てどちらにしようか大いに悩まれると思う。一戸建てにするケースの場合、騒音を気にしなくても良いというのが魅力になると思う。
特に騒音に関連しては集合住宅で暮らしていると個々のライフスタイルが異なる為にどうしてもトラブルになりやすいという問題が上がってくると思う。
でもマンションの大きな魅力はセキュリティがガッチリしているという事だと思う。キッチリとしたマンションだと入口からしてオートロックシステムが採用されていて、入口のモニターで来訪者を確認してから入口を開ける事ができるので実に安心だと思う。
一般的な家庭に防犯カメラを取り付けるケースの場合
いまの時代、一般的な家庭においても防犯カメラを付ける家が増加してきている事をご存知だろうか?
防犯カメラを一般的な家庭で付ける目的は様々あるとは思うのであるが、やっぱり留守の時の泥棒対策が一番の理由ではないかと考えれる。
泥棒は家に誰もいない時を見計らって入るという時代は既に過ぎ、いまでは家に誰か居たとしても入ってくる泥棒もいるみたいものである。であるから家にいるから安心だという事はいまの時代考えてはいけないという事になる。
もし、防犯カメラを一般的な家庭で取り付けるケースの場合には一目で「防犯カメラ」と分かる様な物を付けると威嚇効果も手伝ってより効果を上げる事ができるのではないかと思う。
デジタルな防犯カメラについて
いろんな物に「デジタル」と「アナログ」があるという事は皆さんもご存知の事だと思う。たとえば「時計」にも「デジタル」と「アナログ」が有るし、ホストコンピューター、音楽の録音機能等も挙げれる。そこに該当するのが「防犯カメラ」でやっぱり「デジタル」と「アナログ」が有る。
「アナログ」のケースの場合は、防犯カメラに映し出されている映像をテレビで用いているケーブルを活用して、モニターで直接閲覧する事、またその映像をハードディスクやビデオテープ等に記録して保管する事を指している。
これが従来の防犯カメラの主流である。
次に「デジタル」な防犯カメラであるが、ネットワーク接続が可能な機能が搭載されている物の事を指している。
安全な社会にする為の防犯カメラ
連日の様にテレビや新聞で何かしらの事件に関連したニュースが流れている様な気がする。
犯罪が無くならなければ安全な社会を作る事は出来ないのである。
たとえばインターネットを活用または利用しての犯罪、これを防ぐ為には色んな所で個人情報を書き込まないようにするとかセキュリティソフトを入れる様にするとかあるレベルの自己対策は必要である。
またスーパーや百貨店等、商業施設に関連しては万引き等の犯罪行為に対する抑止策として、防犯カメラを取り付けたり、警備員を配置させたりしている。
ここでは「防犯カメラ」に焦点を当ててお話してみたいと思うのであるが、防犯カメラは既に私達の身近にたくさんある位無くてはならない物に為っている。
防犯カメラのイメージ
日本でも安全神話が崩れ、防犯面での非常な大事性を考えなければならなくなった近頃であるが、「防犯カメラ」というとどうしても物々しいというか堅苦しいというイメージが沸いて来ちゃいる。
多分そんなイメージが付いているのは大企業等に取り付けられている高性能な防犯カメラを連想しての事かもしれない。
ちょっと前までは防犯カメラも高額で自分の家に付けているのはお金持ちだけというイメージがあったが、いまでは相当価格も下がっているみたいで、手を出しやすく為っている上に、一般的な家庭用として作られている製品もあるので取り入れやすく為っていると思う。
防犯カメラとホームセキュリティについて
昔、日本は「安全大国」と言われた程、治安が良かった物であるが、いま現在の日本は犯罪が増加してきており治安も相当悪くなってきたのではないかと思う。
仕事や旅行等で家を留守にする時、鍵をガッチリとかけるのは既にあたり前で、いまは鍵をかけていてもセキュリティ面に不安がある世の中になってしまった。本当に悲しい事である。
近年、警備会社によるセキュリティシステムも一般的に普及している様に思えるが、やっぱり企業や一部のマンションでしか普及していないというイメージがあり、一戸建ての家だとまだまだセキュリティ面に関連しては浸透していないというイメージが有る。
しかし近年ではホームセキュリティも価格がお手頃になった事も受けて一般的な家庭にも段々と普及し始めて来ているのが分かっている。
防犯カメラ設置で万全になるのか?
現在の日本は昔とは異なり「安全大国」等とは言えない様な国になってしまった。
そこで近年活躍しているのが「防犯カメラ」なのではないかと思う。防犯カメラにはメリットも勿論(もちろん)有るが、デメリットもやっぱり有るので、防犯カメラを付けているから大丈夫という訳にはやっぱりいかないと思う。
罪を犯す人側から目にしたら防犯カメラという物は嫌な物でしかないのは分かるが、だからと言って黙っている訳ではない。犯罪者側も防犯カメラの欠点をよく納得して隙を狙おうとしているからである。
では、どのような事が防犯カメラの欠点になるのだろうか?防犯カメラが何処に設置されているのか思い出してみて欲しい。
防犯カメラの基本中の基本的な性能に関して
防犯カメラの基本中の基本的な性能に関して解説する。
活用または利用用途や設置場所と照らし合わせ、より良い性能の防犯カメラを選択したい物だと思う。
また、防犯カメラだけに限った話ではないが、高性能になる程金額も高くなってゆくので、そこは確認しておく必要があると思うし、別に購入をしなくてもレンタルで充分なケースの場合も有るのでよく吟味(ぎんみ)してみて欲しい。
以下に性能に関して解説してみたいと思うので、参照事項として見てみて欲しい。
まず白黒にするか、カラーにするかということだ。
これは基本中の基本的な性能の1つだと思うのであるが、防犯カメラの映像と画像がカラー撮影になるのか白黒撮影になるのかという事を指している。

関連リンク







FX