自動火災報知設備の仕組みについて

自動火災報知設備の仕組みについて

火災報知機設置の義務化により、一家に一台、または数台の火災報知機を設置する事に成った。
では、その火災報知機とは一体どう言う原理で動いているのか、という疑問を持つ人がたくさんいるかと思う。
これまであまり一般的な家庭には馴染みのない物が義務化される訳であるから、その仕組みに関してよく興味ないというのが普通であって、その疑問は必然といえるだろう。
火災報知機には自動火災報知設備の中のシステムの1つであるケースの場合と、住宅用火災警報器であるケースの場合が有る。
自動火災報知設備は、火災によって発生した熱、煙、炎を感知機によって自動的に検知し、受信機や音響装置を鳴動させ、建物内に火災が発生した事を知らせて、避難と初期消火活動を呼び掛けるシステム装置全般を意味する。
スポンサードリンク

自動火災報知設備の仕組みについて-その2

火災報知機というのは、この中の感知機に当たる装置なのである。では、それ以外の受信機や音響装置はどこにあるのだろうか?
受信機は普通、建物内の防災センター及び統制・管理室といった場所に設置される。
そもそも受信機とは何なのかというと、感知機や発信機(学校などにある手動で火ベルを鳴らす赤いボタンでお馴染みのアレ)からの信号を受信し、ブザーと地区表示によって火災の発生及び発生場所を統制・管理者に知らせ、建物内の音響装置を鳴動させる装置である。
つまり、警報は受信機によって鳴らされるんだ。システムの全体に対して電源供給を行っているので、電源としての任務も担っている。
この受信機と感知機(発信機)、そして音響装置、表示灯などによって自動火災報知設備のシステムは成り立っている。
この自動火災報知設備はビルなどの施設で用いれるので、義務化による一般住宅への火災警報器の普及とはあまり関係がないかもしれないが、知っておいて損はないはずである。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX