火災報知機設置の義務化と費用

火災報知機設置の義務化と費用

火災報知機設置の義務化に伴い、一般の方が一番気になさっているのは、その費用かと思う。
火災報知機、という言葉から、とんでもない装置を家に設置なければならないのではないか、そんなことを義務化するのは無茶苦茶じゃないのか、という認識をしている人が、結構いるのではないだろうか。
実際は、火災報知機というのはピンキリである。
凄まじく高性能で、あらゆる範囲を高精度で網羅できる物もあれば、ある一定の範囲のみにセンサーを張り巡らす物も有る。当然、値段もピンからキリまでである。
スポンサードリンク

火災報知機設置の義務化と費用-その2

一般的な家庭に必要な火災報知機の規模というのは、市場で出回っている中でも一番ちっぽけな型の物で充分といえる。
実際に火災の危険性がある所(ストーブの周りや台所など)に設置しておくだけで、充分その任務を成し遂げる事になるだろう。
では、こういったタイプの火災報知機は幾らなのだろうか。大体、相場では5,000から8,000円レベルである。
安価とは言いないが、大きな負担になるような金額でもない。
イメージ的に数万、数十万と掛かるのではと思っている人が結構いるようであるので、その点で言えば安心価格といえるだろう。ただ、品物とは別に工事費用というものも掛かる。
自分で設置できない人は、専門の人を呼んで設置してもらわなければならないのであるが、その際の費用は品物と同じくらいかそれ以上掛かる。この設置費用は、できれば無料にして頂きたいものだ。義務化する以上は、これくらいの配慮はして欲しいものである。
地デジなどでもこういった配慮がなされているようであるし。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX