火災報知機設置義務と三洋電機

火災報知機設置義務と三洋電機

三洋電機株式会社は、日本国内の数あるメーカーの中でも特に本当に有名な日本電機メーカーの1つである。
SANYOのロゴで本当に有名だ。
AV機器や家電は勿論(もちろん)、携帯電話などの情報機器に関連しても高いシェアを誇っている、まさに業界最大最高手の企業といえる。
そんな三洋もまた、火災報知機設置の義務化に伴い、住宅用火災警報器を開発し、販売しているメーカーの1つである。三洋の住宅用火災警報器は、煙式の一種のみである。
カラーホワイトとベージュの二種類あるので、部屋の雰囲気に馴染む方をえらぶ事で、美観を損ねずに済むと思う。
電源は電池タイプで10年の寿命があるので、取り替えるスパンは相当長く取れる。
スポンサードリンク

火災報知機設置義務と三洋電機-その2

この三洋の住宅用火災警報器の特徴点は、音だけではなく光でも火災発生を知らせてくれるところに有る。
特に高齢化社会の影響で1人暮らしのお年寄りが気のせいか多くいる地域では、音だけの警報器だとなかなかどうして気が付かないというケースが想定されるので、光による警報は非常に有益といえる。
そのお値段はメーカー希望価格だと9,000円くらいのものであるが、実質6,000円前後で小売店では売られている。
光が出るタイプとしては決して高くはないし、何よりもSANYOが販売しているという安心感があるので、火災報知機設置の義務化期間が決定すれば、買い求める人は相当増加していくだろう。
火災報知機設置の義務化によって、絶対に火災警報器を購入しなければならないのであるが、普段家電などを買い求めているメーカーの商品の方が、やっぱり身近に実感できるし、買い求める際にも手に取りやすいものである。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX