火災報知機設置義務とアイホン株式会社

火災報知機設置義務とアイホン株式会社

アイホン株式会社は、1948年に創業し、現在は東証1部と名証1部に上場している大企業である。
主な開発商品はインターホンで、玄関のインターホンだけではなくテレビドアホン、セキュリティドアホンなどの開発を行っている。
アイホンは特にセキュリティ事業に力を注いでおり、24時間、365日、常日頃全ての人達に対して安全、安心を提供するように努めている会社である。
そんなアイホンも、火災報知機の設置が義務化されたことでいま注目されている住宅用火災警報器の販売を行っている会社の1つである。
アイホンの住宅用火災警報器は煙式(ASS-2LL)と熱式(ASS-FG)の2タイプで、共に電池で動くのである。
電池の寿命は10年なので、頻繁に買い換えなくてはならないという事はない。
スポンサードリンク

火災報知機設置義務とアイホン株式会社-その2

火災報知機設置の義務化が決定したいま、どの会社の住宅用火災警報器を買い求めるかで迷う人が続出している状況であるが、その中にあって、このアイホンにはドアホンという力強い特徴点が有る。
同じアイホンの製品であれば、この火災報知機とドアホンが連動できるのである。
たとえば、テレビドアホンを設置していれば、火災報知機が反応したケースの場合に画面にその旨を知らせる通知が映り、警告音も生じる。
居間でのんびりしている時に別室で火災が発生しても、すぐに掌握可能に為っているのである。
テレビドアホンが欲しい、既にアイホンのテレビドアホンを所有しているという自分の家は、アイホンの住宅用火災警報器を買い求めると、大きなメリットがつく。
また、オープン価格ながら、実質5000円以下で購入できるコストの安さも魅力である。
火災報知機設置の義務化に伴い、そのシェアは相当増加するだろう。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX