火災報知機設置義務と東芝

火災報知機設置義務と東芝

株式会社東芝は、言わずと知れた日本を代表する電気機器メーカーである。
その最たる分野は家電であるが、この東芝もまた火災報知機設置の義務化に伴い、火災報知機に力を注いでいるメーカーの1つなのである。
火災報知機設置の義務化は、このような大企業であっても例外なく影響を与えるのである。東芝の火災報知機は「なるる」と称される商品である。
この「なるる」には煙式と熱式の2タイプに各々(おのおの)電池寿命が2年のタイプ、10年のタイプがあり、計4種類の中からお好みの物を選択できる。
特徴点としては、基本中の基本的にむずかしい操作は一切合切いらず、テストボタン藻大きめに作られているので、お年寄りの方でも問題なく扱えるというところである。
スポンサードリンク

火災報知機設置義務と東芝-その2

東芝と言えば誰でも熟知しているくらいに本当に有名なブランドなので、幅広い層から用いてもらえるようにという配慮の元でこういった親切設計になったのだろう。
また、価格も非常にリーズナブルで、大体5,000円前後で買い求める事が可能である。
非常にシンプルに手に入れられ、シンプルに扱えるので、設置の義務化によって初めて火災報知機を扱う事になったという人にはベストな商品といえるだろう。
機械を扱うのが苦手なお年寄りの方たちは、本当に有名なメーカーの商品を好む傾向に有る。当然東芝もその中の1つに入る企業である。
であるから、彼らが扱いやすい商品を製造する事は、非常に理に適っているといえる。
義務化される前に火災報知機がどのような物かを早めに知っておく為にも、東芝の「なるる」を購入してみてはどうだろう。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX