火災報知機設置義務と能美防災株式会社

火災報知機設置義務と能美防災株式会社

能美防災株式会社は、防災システム全般を取り扱う大手の総合防災メーカーである。
その歴史は相当古く、1916年に、大阪市に能美商会を設立したところから始まる。
その後、関東大震災による惨状を目の当たりにした創始者の能美輝一氏が火災抑制かつ予防の調査に一層力を注いだ事で、現在の能美防災の基盤ができ上がったとされている。
そういうプロセスもあり、能美防災は特に火災警報装置に関連しての造詣が深く、火災報知機設置の義務化に伴い、非常に熱い注目を浴びる事に成った。
能美防災も、火災報知機の設置が義務化される事になって以降、住宅用火災警報器に対して更なる情熱を注ぐようになり、新商品の開発に着手するように成った。
その一環として開発されたのが、「まもるくん」という商品である。
スポンサードリンク

火災報知機設置義務と能美防災株式会社-その2

「まもるくん」には、AC100Vを電源とするタイプとリチウム電池(寿命10年)を電源とするタイプが有る。
そして、その各々(おのおの)に熱感知タイプと煙感知タイプが有る。
これらは大抵の火災報知機を扱う会社でも同じような形式で販売されているが、電池を電源とする「まもるくん10」には、音声で警報を知らせるタイプとブザーで警報を知らせるタイプが有る。
音声で警報を知らせるタイプの物はあまりないので、人の声で呼びかけてもらう方が察知しやすいという人にとっては、非常にありがたい商品といえる。
火災報知機の設置が義務化されたことで、子供やお年寄りにも火災報知機に接する機会が増加する事になる。
音声で警告を発するタイプは、彼らに対して非常に適切といえるだろう。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX