火災報知機設置義務とニッタン株式会社

火災報知機設置義務とニッタン株式会社

火災報知機設置の義務化に伴い、火災報知機を取り扱っている会社は大きな注目を浴びる事になる。
その中にあって、これまで火災報知設備の開発、生産の業務の第1人者としてその名を知らしめてきたニッタン株式会社には、特に大きな待望が寄せられている。
ニッタン株式会社は、1954年に創立して以降、英国に支社を設立したり、東京証券取引所市場第2部に上場するなど、順調に発展してきており、現在では火災報知設備を扱う会社の中でも特に本当に有名な会社として、その名を日本各地に広めている。
火災報知機設置の義務化によって、その知名度は更に増す事が予想される。
スポンサードリンク

火災報知機設置義務とニッタン株式会社-その2

その商品は非常に豊富で、煙と湯気を識別し、湯気では一切合切作動しない2波長光電式感知「2KW-P」や赤外線式炎検知器「2RA-PF」などを扱っている。
その中でも、住宅用の火災報知機に関連しては特になるべく積極的な開発が成されている。
現在販売されているのは、AC100Vで電気を供給するタイプの「けむタンちゃんAC(親)」、その子機となる「ねつタンちゃんAC(子)」「ねつタンちゃんAC(子)」や、電池の寿命によって2年、7年、10年の3つの種類の「けむタンちゃん」と「ねつタンちゃん」である。
各々(おのおの)「けむタンちゃん」は煙を、「ねつタンちゃん」は熱を感知するタイプである。これらは通信販売でも購入でき、価格も5000から9000円と非常にリーズナブルである。
火災報知機設置の義務化が決定した事で、ニッタン株式会社もいま以上に火災警報装置に対して力を注いでいく事だろう。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX