火災報知機設置義務とセコム

火災報知機設置義務とセコム

日本における警備サービス会社で圧倒的な成果を所有しているのが、セコム株式会社である。
その知名度は他の警備会社の追随を許さず、ミスターこと長嶋茂雄氏やヨン様ことペ・ヨンジュンなどを起用したCMでもお馴染みである。
火災報知機設置の義務化は、警備サービスの一環といえる。よって、火災報知機の設置が義務化されると言う事は、必然的にセコムもその方面に力を注ぐ事になる。
セコムの開発した住宅用火災警報器は「ホーム火災センサー」という名称で販売されている。
煙式と熱式の二タイプで、10年電池式、音と赤色ランプでの警報と、ガッチリとツボを押さえた商品に為っている。
スポンサードリンク

火災報知機設置義務とセコム-その2

しかし、最大最高の特徴点はそれではない。なんといっても、警備業界最大最高手故の24時間サポート体制に有る。
セコムの売りは、圧倒的な従業員の数だからこそ可能な、24時間サポートである。
いつ問題が発生しても、それに対して人員を割ける強みが、この業界での圧倒的なシェアに繋がっていると言っても過言ではない。
それは火災報知機に関連しても言え、製品に何か問題が生じたケースの場合は、ガッチリと24時間体制でサポートしてくれる。セコムの商品ならではの特典といえるだろう。
火災報知機の設置が義務化された事で、火災に関連したいろんなトラブルのノウハウを持ったセコムの存在感もいま以上に大きくなってくるだろう。
そうなると、セコムの火災警報器を所有しているメリットは更に増加するのではないだろうか。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX