住宅用火災警報器の電源とは?

住宅用火災警報器の電源とは?

火災報知機の設置が義務化された事で、一般住宅用の火災警報システムがピックアップされるようになってきた。
火災警報システムには、自動火災報知設備による警戒と住宅用火災警報器による警戒が有るが、一般的な家庭が設置するのは住宅用火災警報器の方である。
よって、火災報知機が義務化されたいま、住宅用火災警報器がどう言うしくみなのかを知りたいという人が相当増加してきているようである。
住宅用火災警報器は、一般的な家庭用の火災報知機である。
雑居ビルなどに設置する自動火災報知設備とは異なり、1つの個体で感知と警報音の鳴動を実践するタイプの物なので、煩わしい配線などは一切合切必要なく、シンプルに取り付ける事ができる。
スポンサードリンク

住宅用火災警報器の電源とは?-その2

住宅用火災警報器の電源は、自分の家用電源のAC100V、つまり電源コードを引いて活用するタイプの物と、乾電池を用いて起動する物が有る。
前者は配線工事が必要なため、新築向きといえるだろう。一方の後者は、電池交換が可能なタイプは電池が、不可能なタイプは報知機そのものが使い捨てという事になる。
とはいえ、10年くらいは持つので、家電商品の寿命と比較しても大差はないので、配線がいらない事を考慮すると、既存の住宅にはこちらが向いているといえる。
火災報知機設置の義務化に伴い、各自分の家が火災報知機を買い求める事になる。よって、報知機に関連して色々と知っておく事は、非常に大事な事なのである。
どの電源のタイプが良いのか、予め吟味(ぎんみ)しておこう。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX