熱を感知する火災報知機とは?

熱を感知する火災報知機とは?

火災が生じる予兆として、大きく普通の状態と変動するものと言えば、部屋の室温、すなわち熱である。
その熱を感知することで異常を教えてくれるのが、熱を感知するタイプの火災報知機である。
熱を感知するタイプの火災報知機は主に四種類有る。
差動式スポット型感知機、定温式スポット型感知機、サーミスタ式熱感知機、そして差動式分布型熱感知機である。
設置の義務化によって、一般的な家庭にもこれらの報知機が設置される事になるので、ぜひともその種類に関して頭に入れておこう。
差動式スポット型感知機は、火災報知機の周囲の温度が短時間で変化する事で警報が鳴るタイプの報知機である。
緩やかな温度変化に対しては反応しないので、エアコンなどによる室温の変化には反応しない。
スポンサードリンク

熱を感知する火災報知機とは?-その2

定温式スポット型感知機は、一定の温度以上になった時に警報が鳴るタイプの報知機である。たとえ上昇が緩やかでも、一定の温度になったら警報がなる。
設定されている作動基準温度は65℃、75℃のケースの場合が殆どで、日常生活の中でこの温度に達することはないので、誤作動は機会の故障以外ではまずあり得ない。サーミスタ式熱感知機は、サーミスタという物質を活用した感知機である。
サーミスタとは、電気抵抗が温度の変化に応じて変わるという半導体で、こうすることで測定された温度変化を解析する事で警報が鳴るというタイプの報知機である。
差動式、定温式の両方共にサーミスタを活用した感知機が有る。差動式分布型熱感知機は、差動式と同じく短時間の温度変化に反応して警報が鳴る。
感知器本体から空気管をループ状に張り巡らせて、空気の膨張を計るという物で、高くて広い天井に使われる。
一般的な家庭にはあまり馴染まないタイプといえるだろう。火災報知機設置の義務化が、これらの商品に与える影響は小さくない。競争が激化し、各メーカーとも一層力を入れるだろう。
義務化が良い方向に機能してくれる事を願っている。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX