煙を感知する火災報知機とは?

煙を感知する火災報知機とは?

火災報知機の設置が義務化される事により、火災報知機が一般の自分の家にも設置される事になる。
義務化という事は、一般的な家庭に火災報知機を無理やりにでも購入させると言う事である。
それだけの事をする以上、当然火災報知機の質に関してはこれから相当シビアな目で見られるだろう。
その中でも特に注目されるのは、煙を感知するタイプの火災報知機だと言われている。というのも、このタイプの火災報知機は、寝室などに向いているとされているからである。
寝室への設置は義務化されているので、殆どの自分の家にこのタイプの報知機が設置される事になるのである。
スポンサードリンク

煙を感知する火災報知機とは?-その2

煙を感知するタイプの火災報知機は、主に3タイプ有る。
1つ目は、光電式スポット型感知機である。これは、感知機の中に煙が入ると警報が鳴るタイプの報知機である。煙を感知するタイプの中では、一番一般的な物である。
2つ目は、光電式分離型感知機である。
この感知機は、送光部と受光部の2つがあり、送光部から発信される不可視の光を受光部が受けるという仕組みで、この光が煙によって遮られた時に警報が鳴る。
イメージ的には赤外線センサーに近い感覚である。そして3つ目は、イオン化式スポット型感知機である。
アメリシウム241という放射性物質を活用しているタイプのもので、空気の電離状態の変化を解析する事で煙を感知し、警報を鳴らする。
非常に高性能であるが、放射性同位元素装備機器に該当するため、破棄する際には相応の手続きが必要である。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX