炎を感知する火災報知機とは?

炎を感知する火災報知機とは?

火災報知機設置の義務化は、火災報知機の幅を広げる上で大きな刺激になると言われている。
設置を義務化するという事は、それだけ数たくさんの人が接する事になり、その分厳しい目で見られる事になるからである。
よって、これまではあまり需要のなかったタイプの火災報知機にもスポットが当てられる可能性は充分に有る。そういう意味で注目されているのが、炎を感知するタイプの火災報知機である。
火災報知機というと、これまでは煙や熱を感知するタイプの物が一般的とされていたのであるが、義務化に伴い、これからはこの炎を感知するタイプの報知機も一般化するのではと言われている。
スポンサードリンク

炎を感知する火災報知機とは?-その2

炎を感知するタイプの報知機は、主に紫外線式スポット型と赤外線式スポット型の二タイプである。
火災の際に生じる炎は、可視光線以外にも紫外線、赤外線といった目に見えない光線も発している。
紫外線式スポット型は紫外線が一定以上の量発生したケースの場合、赤外線式スポット型は赤外線は一定以上の量発生したケースの場合に各々(おのおの)反応し、警報を鳴らすという感知機に為っている。
また、紫外線、赤外線のいずれかが感知されたケースの場合に警報が鳴るタイプの物もあり、それは炎複合式スポット型と呼ばれている。
これら炎を感知するタイプのメリットは、温度変化や煙のような、ともすれば日常生活であり得る状況ではなく、ほぼ確実に家事のケースの場合だけに反応するので、誤作動の心配がないと言う事である。
よって、煙の発生や高温状態が日常的に訪れる台所やお風呂などに設置するのが好ましいものだろう。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX