火災報知機の設置義務化の闇

火災報知機の設置義務化の闇のエントリー一覧

火災報知機設置義務と悪徳業者
消防法の改正により、2008年6月から2011年6月までの間に、火災報知機の一般的な家庭への設置が義務化されたのだ。
つまり、絶対に火災報知機を購入しなければならなくなったという訳である。そこで、気を付けなければならない注意点が1つ誕生する。それは、悪徳業者の存在である。
火災報知機設置の義務化を活用または利用し、火災報知機を高額で売りつけようと企む悪徳業者が絶対に出てくるだろうと予想されているのである。火災報知機設置の義務化は、まだ一般的な浸透度が高いとはいえない状況である。
よってそれに対する知識がまだまだ不足しているという自分の家が相当多いかと考えられる。つまり、適正価格や数、品質を興味ない人がたくさんいると言う事である。
そこを付け狙い、法外な値段で安物の火災報知機を大量に売りつけてやって来る業者が出てくる可能性は非常に高いといえる。
火災報知機設置の義務化と罰則
火災報知機の設置が義務化された事で、心配事が1つ増加したかと思う。
それは、もし火災報知機の設置を怠ったケースの場合は、どのような罰が下されるのか、という懸念である。
中にはうっかり忘れたり、やんごとなき事情で火災報知機の設置を行えない人もいたりするだろうから、罰則に関連しては相当注目を浴びる事になるかと思う。
法律を違反するのだから、罰金レベルならまだしも、逮捕なんて事に、、という不安に駆られる人も、もしかしたらいるかもしれない。しかし、安心して欲しい。この義務化に伴う罰則は、ない。
つまり、火災報知機設置の義務化とは、法律で義務化されておきながらその罰則はなしという極めて特殊な位置付けの法案に為っているのである。
火災報知機の設置場所とは?
火災報知機設置が一般的な家庭にも義務化される事で、火災報知機に関連して色々と勉強しなければならなく成った。
義務化するという事は、全員がそれを行わなければならないという事であるから、我関せずでは通用しない。
特に知らなくてはならないのは、その設置場所である。火災報知機は、どこかに1つ付ければ良いというものでもない。
センサーの範囲は決して広くはないので、一部屋をフォローするので精一杯なのである。では、実際にどの部屋に設置すればいいかに関してご解説する。
火災報知機の設置場所に関しては、住宅火災の現状と設置効果を吟味(ぎんみ)した結果、既に定められている。まず最初は寝室である。
火災報知機の設置ヶ所について
火災報知機の設置が義務化されるが、実際に買い求めた火災報知機を一体どこに設置すれば良いか、イマイチ分かる事ができないという人もいるかと思う。
ただ、義務化される以上は、これらの事を興味ないでは通らないので、ガッチリと学んでおこう。火災報知機の設置ヶ所は二パターン有る。
1つは天井である。もう1つは壁である。床に付ける事はない。
天井と壁のどちらに付けるかは、買い求めた火災報知機のタイプ次第である。
逆に言えば、どちらに設置すべきかを予め決めておかないと、いざ買い求めた後で変更ができず、買い直さなければならない事態に成りかねない。
予め、どこに設置するかを決め手から買い求めるようにすべきだろう。
天井に設置するケースの場合、そのメリットはデザイン的に邪魔にならないというところに有る。
よくお店などに警報機が設置されているが、その気のせいか多くが天井に設置されている。これは、来店するお客の視界に入れないためである。
火災報知機設置義務化は消防法の改正から
火災報知機の設置が義務化されたのは、消防法を改正する法案が可決されたからである。
それは2004年5月27日のでき事だった。
家の設備に対する義務というのはあまり例がなく、負担を力強いる事になりかねないのでナイーヴな法案だったが、やっぱり近年の一般的な家庭での火災の多さを考慮したケースの場合、生温い抑制かつ予防策では効果が出ないという判断が下されたようである。
法律の規定においては、市町村条例で住宅用火災警報器等の設置及びキープの基準が示される事で制定となり、既に政令と省令は公布されているので、後は条例の制定待ちという状況である。
火災報知機設置の義務化と費用
火災報知機設置の義務化に伴い、一般の方が一番気になさっているのは、その費用かと思う。
火災報知機、という言葉から、とんでもない装置を家に設置なければならないのではないか、そんなことを義務化するのは無茶苦茶じゃないのか、という認識をしている人が、結構いるのではないだろうか。
実際は、火災報知機というのはピンキリである。
凄まじく高性能で、あらゆる範囲を高精度で網羅できる物もあれば、ある一定の範囲のみにセンサーを張り巡らす物も有る。当然、値段もピンからキリまでである。
火災報知機を設置する住宅について
火災報知機の設置が義務化されたといっても、自分の家には必要ないので関係ないと思っている人が結構いるのではないだろうか。
やっぱり、警報機などの設備は店舗や事務所などの商業的建築物に設置するのが一般的で、普通の自分の家には馴染みがない物だという認識が力強いかと考えられる。
しかし、2008年6月以降の火災報知機の設置の義務化は、一般の自分の家にも火災報知機が置かれる事を意味する。
その住宅形態は、一戸建てなどの戸建住宅、アパートやマンションなどの共同住宅、自営業などの店舗併用住宅、寮などの寄宿舎といった、全ての建築物に関連して該当する。
つまり、全ての建築物に火災報知機を置くようにすると言う事である。これは、たとえば4畳一間のアパートであっても例外ではない。
火災報知機を買い求める店とは?
火災報知機設置の義務化に伴い、全ての自分の家が火災報知機を買い求める事になるかと思う。
ただ、いままで一般的な家庭で育った人の殆どは、火災報知機とは縁のない生活をしてきた事だろう。
そうなると、当然ながらどこで購入して良いか分かる事ができない、どのメーカーの火災報知機を買い求めた方が良いのか皆目見当もつかないというのが一般的な感覚だろうと思う。
しかし設置が義務化される以上、ちゃんと購入して設置しなければならない。最寄のお店をガッチリとチェックしておこう。
火災報知機は、防災設備取扱店、またはホームセンターや家電量販店などといったお店で購入できる。
自動火災報知設備の仕組みについて
火災報知機設置の義務化により、一家に一台、または数台の火災報知機を設置する事に成った。
では、その火災報知機とは一体どう言う原理で動いているのか、という疑問を持つ人がたくさんいるかと思う。
これまであまり一般的な家庭には馴染みのない物が義務化される訳であるから、その仕組みに関してよく興味ないというのが普通であって、その疑問は必然といえるだろう。
火災報知機には自動火災報知設備の中のシステムの1つであるケースの場合と、住宅用火災警報器であるケースの場合が有る。
自動火災報知設備は、火災によって発生した熱、煙、炎を感知機によって自動的に検知し、受信機や音響装置を鳴動させ、建物内に火災が発生した事を知らせて、避難と初期消火活動を呼び掛けるシステム装置全般を意味する。
火災報知機の種類とタイプ
火災報知機設置の義務化に伴い、火災報知機とはどういうものなのかという認識をガッチリと身につける必要性が出てきた。
義務化される事で、それに対する解説が記載された書物やホームページも増加してきているが、まだまだ一般人の目に届く場所での情報公開は気のせいか多くないので、認識不足状態にあるというのが現状である。
とはいえ、いつまでもそのままではやっぱり問題が有る。自分の家の寝ずの番を行ってくれる火災報知機に関して、あるレベル掌握しておこう。
火災報知機は、設置する場所によってタイプが異なる。天井に設置するタイプと壁に設置するタイプである。
炎を感知する火災報知機とは?
火災報知機設置の義務化は、火災報知機の幅を広げる上で大きな刺激になると言われている。
設置を義務化するという事は、それだけ数たくさんの人が接する事になり、その分厳しい目で見られる事になるからである。
よって、これまではあまり需要のなかったタイプの火災報知機にもスポットが当てられる可能性は充分に有る。そういう意味で注目されているのが、炎を感知するタイプの火災報知機である。
火災報知機というと、これまでは煙や熱を感知するタイプの物が一般的とされていたのであるが、義務化に伴い、これからはこの炎を感知するタイプの報知機も一般化するのではと言われている。
煙を感知する火災報知機とは?
火災報知機の設置が義務化される事により、火災報知機が一般の自分の家にも設置される事になる。
義務化という事は、一般的な家庭に火災報知機を無理やりにでも購入させると言う事である。
それだけの事をする以上、当然火災報知機の質に関してはこれから相当シビアな目で見られるだろう。
その中でも特に注目されるのは、煙を感知するタイプの火災報知機だと言われている。というのも、このタイプの火災報知機は、寝室などに向いているとされているからである。
寝室への設置は義務化されているので、殆どの自分の家にこのタイプの報知機が設置される事になるのである。
熱を感知する火災報知機とは?
火災が生じる予兆として、大きく普通の状態と変動するものと言えば、部屋の室温、すなわち熱である。
その熱を感知することで異常を教えてくれるのが、熱を感知するタイプの火災報知機である。
熱を感知するタイプの火災報知機は主に四種類有る。
差動式スポット型感知機、定温式スポット型感知機、サーミスタ式熱感知機、そして差動式分布型熱感知機である。
設置の義務化によって、一般的な家庭にもこれらの報知機が設置される事になるので、ぜひともその種類に関して頭に入れておこう。
差動式スポット型感知機は、火災報知機の周囲の温度が短時間で変化する事で警報が鳴るタイプの報知機である。
緩やかな温度変化に対しては反応しないので、エアコンなどによる室温の変化には反応しない。
住宅用火災警報器の電源とは?
火災報知機の設置が義務化された事で、一般住宅用の火災警報システムがピックアップされるようになってきた。
火災警報システムには、自動火災報知設備による警戒と住宅用火災警報器による警戒が有るが、一般的な家庭が設置するのは住宅用火災警報器の方である。
よって、火災報知機が義務化されたいま、住宅用火災警報器がどう言うしくみなのかを知りたいという人が相当増加してきているようである。
住宅用火災警報器は、一般的な家庭用の火災報知機である。
雑居ビルなどに設置する自動火災報知設備とは異なり、1つの個体で感知と警報音の鳴動を実践するタイプの物なので、煩わしい配線などは一切合切必要なく、シンプルに取り付ける事ができる。
火災報知機の成果について
火災報知機の設置が義務化されるに当たり、1つ大きな疑問が生じる。
それは、火災報知機の設置を義務化したところで、どのレベルの効果が待望されるのか? というものである。
実際、設置を義務化してみたは良いが、結局火災の抑止には役に立たなかったとなると、ただ単に火災報知機の購入料金が企業に流れただけという事に成りかねない。それでは国民は了解しないだろう。
火災報知機の適切性を示す成果データとして一番わかりやすいのは、既に義務化を行っている外国の義務化前と義務化後の火災発生件数を示したグラフである。
アメリカでは1977年に住宅用火災警報器の設置が義務付けられたが、その年以降わかり易いくらい火災の発生件数は右肩下がりに成った。
住宅用火災警報器のしくみについて
火災報知機の設置が義務化されると、各自分の家が火災報知機を扱う事になる。
その時、それがどういったしくみの物か全く分かる事ができないまま適当に扱うと壊してしまう恐れが有る。
それ程高価ではないとはいえ、やっぱり数千円はする代物であるので、大事に扱いたいところである。
火災報知機設置の義務化が決定したいま、報知機のしくみに関してあるレベル知識を蓄えておこう。
住宅用火災警報器は基本中の基本的に、感知と警報音の鳴動を1つの商品で実施する。
よって、複雑な配線は一切合切必要ない。
コンセントから電気を供給するタイプは配線が必要であるが、家電と同じような扱いで取り付けができるので、特に困る事はないはずである。
火災報知機設置の義務化がもたらす影響とは?
火災報知機の設置が義務化される事で、各方面にいろんな影響が出ることが予想される。
まず、火災報知機は煙や熱によって反応する。
よって、火災でなくとも、魚を焼いていたり、揚げ物をしている際に熱が篭ったりしたケースの場合、センサーが反応してしまい、アラームがなる可能性があるのである。
また、誤作動の可能性も有る。
義務化されると言う事は、最低でも一家に1つは取り付ける必要があるので、その数はこれまで市場に出回っている量の比ではなくなるはずである。
そうなると、不良品も少なからず出てくることになるだろう。
これらによって、しばらくの間はしょっちゅうアラームが街中に鳴り響くといった事態に成りかねない。
火災報知機設置の義務化によるメリット
2008年6月以降、火災報知機設置が全ての一般の自分の家で義務化される事になった。
では、火災報知機の設置を義務化する事で得られるメリットとは何だろうか?
まず第1に、火事による被害をこれまで以上に防げる点である。2006年度における出火件数は53,260件で、建物火災はその内31,494件を占める。
これは一日あたり86件、つまり約17分に一件の割合で、何らかの建築物で火事が発生している事を示している。
ただ、これはあくまでも通報された数であるから、小火を包含しるとこの数字は飛躍的に跳ね上がることだろう。
更に、死傷者数は10,000人を越えており、そのうちの死亡者数は2,066人にも上っている。これは、一日に6人弱の人が火事でお亡くなりに為っていることを意味する。
火災報知機設置の義務化の目的とは?
新築住宅においては2006年の6月から、既存の住宅においては2008年6月以降から、各々(おのおの)火災報知機設置の義務化がなされた。
個人の住宅に対して警戒設備の義務を命じるというのは初めての事かと考えられる。では、その火災報知機設置の義務化にはどういった目的があるのだろうか。
まず、火災報知機の持つ任務に関しては、殆どの方が納得している通り、火事及び火事に発展する可能性のある状態をいち早く周囲の人間に知らせる為の警戒設備である。
これを設置する目的は、それと同じで、火事を未然に防ぐ事、そして最悪でも人命は救えるよう避難を促す事に有る。
火災報知機設置義務と期間
火災報知機という物がこの世の中に在る事は、大抵の人が熟知しているかと考えられる。
ただ、その火災報知機が一般的な家庭にも設置されているという事は、これまではあまりなかった事である。
火災報知機の最大最高のメリットは、その建物のどこにいても、火災の危険が発生している事を瞬時に掌握できることにあるので、ビルなどの何層にも為っている建物、部屋が何個もある建築物に付ける事でその恩恵を受ける事になるのだから、普通の一般住宅には必要ない物だというのがこれまでの考えだった。
しかし、その火災報知機の設置が義務化されるように成った。
消防法の一部改正に伴い、2006年の6月から火災報知機の設置が義務付けられたのである。ただ、これに関連しては疑問に実感する人が大半だろう。
火災報知機設置義務とパナソニック
旧松下電工株式会社は、興味ない人はいないくらい本当に有名な電気機器メーカーである。
松下グループのいろんな器具を取り扱う総合メーカーで、国内向け一般の商品は「National(ナショナル)」、国内向けのデバイス及び制御機器、また海外向けの全商品は「Panasonic(パナソニック)」というブランドで販売している。
なお、2008年10月以降はNationalを廃止し、Panasonicに統一する予定と為っているようである。
火災報知機の設置を義務化する事になり、松下電工もまた住宅用火災警報器の開発に着手した。
火災報知機設置の義務化がいかにいろんな企業を動かしたか分かる。松下電工の住宅用火災警報器は「けむり当番」「ねつ当番」という非常にわかり易い名前・名称である。
けむり当番は煙式の火災報知機で、ねつ当番は熱式という事になる。さすがに松下なだけあって、その種類は非常に豊富である。
火災報知機設置義務とセコム
日本における警備サービス会社で圧倒的な成果を所有しているのが、セコム株式会社である。
その知名度は他の警備会社の追随を許さず、ミスターこと長嶋茂雄氏やヨン様ことペ・ヨンジュンなどを起用したCMでもお馴染みである。
火災報知機設置の義務化は、警備サービスの一環といえる。よって、火災報知機の設置が義務化されると言う事は、必然的にセコムもその方面に力を注ぐ事になる。
セコムの開発した住宅用火災警報器は「ホーム火災センサー」という名称で販売されている。
煙式と熱式の二タイプで、10年電池式、音と赤色ランプでの警報と、ガッチリとツボを押さえた商品に為っている。
火災報知機設置義務とニッタン株式会社
火災報知機設置の義務化に伴い、火災報知機を取り扱っている会社は大きな注目を浴びる事になる。
その中にあって、これまで火災報知設備の開発、生産の業務の第1人者としてその名を知らしめてきたニッタン株式会社には、特に大きな待望が寄せられている。
ニッタン株式会社は、1954年に創立して以降、英国に支社を設立したり、東京証券取引所市場第2部に上場するなど、順調に発展してきており、現在では火災報知設備を扱う会社の中でも特に本当に有名な会社として、その名を日本各地に広めている。
火災報知機設置の義務化によって、その知名度は更に増す事が予想される。
火災報知機設置義務と能美防災株式会社
能美防災株式会社は、防災システム全般を取り扱う大手の総合防災メーカーである。
その歴史は相当古く、1916年に、大阪市に能美商会を設立したところから始まる。
その後、関東大震災による惨状を目の当たりにした創始者の能美輝一氏が火災抑制かつ予防の調査に一層力を注いだ事で、現在の能美防災の基盤ができ上がったとされている。
そういうプロセスもあり、能美防災は特に火災警報装置に関連しての造詣が深く、火災報知機設置の義務化に伴い、非常に熱い注目を浴びる事に成った。
能美防災も、火災報知機の設置が義務化される事になって以降、住宅用火災警報器に対して更なる情熱を注ぐようになり、新商品の開発に着手するように成った。
その一環として開発されたのが、「まもるくん」という商品である。
火災報知機設置義務とホーチキ株式会社
ホーチキ株式会社は、安全と安心を提供し、快適、優秀で便利なサービスを追及している総合防災メーカーである。
このホーチキという名前・名称は火災報知機の報知機に由来するもので、いかに火災報知機に対して力を入れているかが良く分かる。
よって、火災報知機の設置が義務化されたことで、その知名度は一気に上がったといえる。
実際、火災報知機設置の義務化が決定して以降、頻繁にホーチキの名前・名称がインターネット上の各ホームページで見受けられるように成った。
ホーチキは1920年に日本で初めて公衆用の火災報知機を扱うメーカーとして創立され、既に90年近い歴史を刻んでいる。
火災報知機設置義務と沖電気防災株式会社
沖電気防災株式会社は、1985年に設立された防災システム専門の企業である。
まだ歴史は浅いものであるが、企画、調査、製造、販売、施工、メンテナンスと、あらゆる分野において高いレベルでの活動を行っており、現在防災関連の企業では一番勢いのある中の1つとして数えられている。
事業の内容としては、自動火災報知設備や総合防災システムなど、火災を中心とした災害から人々の安全と安心を確保する為の設備を企画からメンテナンスまで全て受け持っており、船舶用火災報知設備の調査と製造、情報通信や電気の設備工事も行っている。
そんな沖電気防災株式会社もまた、火災報知機設置の義務化に伴い、住宅用火災警報器を開発し、販売している企業の1つである。
火災報知機設置の義務化が決定して以降、どのような火災報知機が必要とされているかを練りに練った結果、2007年10月に販売が始まったのである。
火災報知機設置義務とヤマトプロテック
ヤマトプロテック株式会社は、東京都に本社を構える、防災機器関連の総合メーカーで、消火器の販売で本当に有名な企業である。
消火器に関連しては現時点であらゆるタイプの物を製造、販売しており、常に国内トップのシェアをキープしている、業界を代表するメーカーなのである。
また歴史も非常に古く、2008年には創立90周年を迎える、業界でも最古参の中の1つとして数えられている。
そんな消火のスペシャリストともいえるヤマトプロテックが火災報知機設置の義務化を無視する筈もなく、07年10月より住宅用火災警報器を生産、販売している。
その住宅用火災警報器の名前・名称は「けむピー」である。
ドライバー1本で設置可能なおシンプル商品で、警報機という重々しい雰囲気はなく、日常で扱う時計やラジカセと同じような感覚で取り扱う事ができる。
火災報知機設置義務と東芝
株式会社東芝は、言わずと知れた日本を代表する電気機器メーカーである。
その最たる分野は家電であるが、この東芝もまた火災報知機設置の義務化に伴い、火災報知機に力を注いでいるメーカーの1つなのである。
火災報知機設置の義務化は、このような大企業であっても例外なく影響を与えるのである。東芝の火災報知機は「なるる」と称される商品である。
この「なるる」には煙式と熱式の2タイプに各々(おのおの)電池寿命が2年のタイプ、10年のタイプがあり、計4種類の中からお好みの物を選択できる。
特徴点としては、基本中の基本的にむずかしい操作は一切合切いらず、テストボタン藻大きめに作られているので、お年寄りの方でも問題なく扱えるというところである。
火災報知機設置義務とアイホン株式会社
アイホン株式会社は、1948年に創業し、現在は東証1部と名証1部に上場している大企業である。
主な開発商品はインターホンで、玄関のインターホンだけではなくテレビドアホン、セキュリティドアホンなどの開発を行っている。
アイホンは特にセキュリティ事業に力を注いでおり、24時間、365日、常日頃全ての人達に対して安全、安心を提供するように努めている会社である。
そんなアイホンも、火災報知機の設置が義務化されたことでいま注目されている住宅用火災警報器の販売を行っている会社の1つである。
アイホンの住宅用火災警報器は煙式(ASS-2LL)と熱式(ASS-FG)の2タイプで、共に電池で動くのである。
電池の寿命は10年なので、頻繁に買い換えなくてはならないという事はない。
火災報知機設置義務と三洋電機
三洋電機株式会社は、日本国内の数あるメーカーの中でも特に本当に有名な日本電機メーカーの1つである。
SANYOのロゴで本当に有名だ。
AV機器や家電は勿論(もちろん)、携帯電話などの情報機器に関連しても高いシェアを誇っている、まさに業界最大最高手の企業といえる。
そんな三洋もまた、火災報知機設置の義務化に伴い、住宅用火災警報器を開発し、販売しているメーカーの1つである。三洋の住宅用火災警報器は、煙式の一種のみである。
カラーホワイトとベージュの二種類あるので、部屋の雰囲気に馴染む方をえらぶ事で、美観を損ねずに済むと思う。
電源は電池タイプで10年の寿命があるので、取り替えるスパンは相当長く取れる。

関連リンク







FX