ストーカーを自己防衛パート4

ストーカーを自己防衛パート4

これ以外にストーカーに対してできる自己防衛策としては何種類か挙げる。
1.家に帰ってきたときに、自分の家周り、または玄関周りに不審者がいないか周囲を見回して確認すること。
2.ポストを勝手にあけられて個人情報を盗まれないようにポストに鍵をかけること。
3.1人暮らしの人は表札をださないこと。
4.家族と同居しているケースの場合、家族の全員の名前・名称を表札に出さないこと。
家族の人数を知らせることで、外で見張られて何人外出したら家の中が留守になるかわかってしまうためである。
5.ナンバーディスプレイを上手に活かすだけではなく、電話帳登録者以外は非通知なども全て着信拒否しておくこと。
6.むやみやたらに周囲に電話番号やメールアドレスなどを知らせないこと。
スポンサードリンク

ストーカーを自己防衛パート4-その2

7.自分の家の留守番電話の応答メッセージに「ただいま留守にしている」というようなメッセージをいれないこと。
留守にしていることがすぐにわかってしまうので、「ただいま手が離せない」など不在、在宅がわかりにくいものにすること。
8.ゴミは絶対に回収日にだすこと。
前日などに出してしまうとゴミをあさられてしまう恐れがあるためである。
9.帰宅途中にあるコンビニや交番の場所を掌握しておき、帰りが遅くなるときはこれらがある道を通過するようにすること。
10.ストーカーにつけられていると実感したらまっすぐ自分の家には帰らないで交番へ直行するか、電話で家族や友人に迎えにきてもらうこと。
11.宅配便などの荷物は絶対にドア越しにチェーンをかけたまま対応する。差出人不明のものは受け取らないこと。
12.ブログなどで家族構成や生活の様子、趣味など個人情報を漏らさないようにすること。
これらのことはストーカーに対して最低限実践するべき自己防衛策である。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX