防犯に役立つ知恵袋

ストーカー対処法→ネットストーカー対策

近年急増しているネットストーカー。
主にインターネット上に個人のホームページを掲載している人、ブログを行っている人、チャットを行っている人などが個人情報を掲載してしまったケースの場合にストーカーに興味をもたれてしまうことが多いようである。
また出会い系ホームページなどネット上で知り合った異性に好意を持たれてメールなどで連絡がくるようになり、相手にしなかったりふったりすると腹いせにストーカー行為を実践するケースの場合も有る。
腹いせの手段としては、本人になりすまして掲示板やチャットに暴言を掲載したり、あちこちの掲示板にその相手の個人情報を掲載したりする。
ネットストーカーの被害に合わないためにできる対策としては、出会い系ホームページや懸賞ホームページ、これ以外インターネット上では可能な限り個人情報を掲載しないことである。
掲示板やチャットを用いる時は、メールアドレスをフリーアドレスにした方が良いものである。
スポンサードリンク

ストーカー対処法→ネットストーカー対策-その2

懸賞応募に関しても、身元がハッキリとしていない信用性に欠ける会社への応募はやめたほうが良いのである。
ホームページ、ブログ、掲示板、チャットなどに投稿するときには、くれぐれも言葉遣いに気を付けよう。
特に他の人を中傷するなどの行為は絶対に行ってはいけない。
メル友やチャットのオフ会などで仲間と集まるときは、集まる場所や時間に配慮するようにする。
特に相手のことをまだよくわかっていなくて会うケースの場合は、明るい場所人通りの多い場所で明るい時間に会うなど気を使おう。
メールのやりとりでは親切だったのに会ったら実際は悪い人で連れ去りこれ以外犯罪に巻き込まれてしまうかもしれない。
もしもネットストーカーに狙われて変なメールなどがくるようになったら、メールアドレスを変更するまたはプロバイダごと変更するなどの対策をとろう。
個人のホームページやブログなどが原因のケースの場合は、即座に閉鎖して接触をとれないようにすべきだろう。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX