ストーカー対処法→警察への相談

ストーカー対処法→警察への相談

警察もストーカー対策の一環として相談窓口を設置している。
更に警視庁がストーカー対策として2002年に始めたのが犯罪被害抑止のために「即時対応システム」を稼動した。
これはストーカーなどの被害者が事前に警察に相談したケースの場合。
相談の際に警察で相談内容や個人情報が登録される。
登録しておくと、被害者がストーカーから何かされたときなどの緊急時に110番通報すれば、警察のパソコン上にストーカー相談した際の相談内容が表示される。
その為「いま危険」「襲われている」「助けて欲しい」など短い文章でもすぐに危険を察知してもらえて、警察官が自分の家に駆けつけてくれる。
まさかのときのために登録しておくと安心である。
緊急時に110番をして細かく解説している暇はないはずであるから事前に伝達しておくと対応が早くなるのである。
スポンサードリンク

ストーカー対処法→警察への相談-その2

実際にこのシステムが稼動したおかげで即座に警察官による対応ができて、ストーカー加害者を月に平均6人のペースで逮捕できたそうである。
まず最初はストーカーの被害者が交番や警察署でストーカーからの被害状況を相談する。
本人が了解すれば住所や名前・名称などの個人情報と相談の内容が警視庁に連絡される。
警視庁は被害の実態掌握を行った上で、必要と判断すればパソコン上に内容を登録するというものである。
被害者が110番通報した際に登録してあると、相談内容が表示されて警察にすぐに危険を察知してもらえる。
そして警察が被害者の近くにいる警察官やパトカーを現場に急行させてくれるのである。
被害状況を事前に熟知しているため、警察官もそれに合わせた準備をして対応することができる。
ストーカー被害で悩んでいる人はぜひ一度相談してみて欲しい。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX