集団ストーカー

集団ストーカー

一般的にストーカー行為は個人が個人に対して実践するものである。
しかしストーカーには集団で実践されるものがあるのである。
それは特定の団体や宗教法人などの集団が組織だってストーカー行為を実践するものである。
たとえば暴力団やカルト集団などを雇ってストーカーの対象者を精神状態的に追い詰めて嫌がらせをすることが有る。
これにより対象者を自殺に追い込んだり犯罪をそそのかしたりするのである。
更には社会から抹殺されるように追い込まれることもあるようである。
集団ストーカーの特徴点として、対象者の個人情報を活用または利用して対象者になりすますと言う事が有る。
対象者になりすまして見ず知らずの人に嫌がらせをしたり、対象者の友人、知人に嫌われるような態度をしたりして対象者が孤立するように仕向けるのである。
近年はインターネットが普及したので、ネットの中でシンプルに対象者を攻撃することが可能と成った。
スポンサードリンク

集団ストーカー-その2

集団ストーカーにおいても対象者の個人情報をゲットしてネット上の掲示板に掲載して嫌がらせをするなどの行為を行っている。
集団ストーカーの被害にあってしまったケースの場合、できる対策としては事実を全て記録することである。
とにかく毎日生じる嫌がらせの数々を日時場所その内容に至るまで克明に記録していくことである。
事実を第3者に伝達されるように具体的に証拠を残してゆく。
集団ストーカーを証明することは難しく警察でもなかなかどうして取り合ってもらえないようである。
ストーカー対策を行っている業者などを当てにして根気力強く警察に訴えるしかないようである。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX