ストーカーと法律

ストーカーと法律

ストーカーに関連した法律にはストーカー規制法が有る。
しかしそれ以外にもストーカー被害に関連した法律があるのである。
これらの法律が適用されることを熟知しているとストーカー被害にあったときあなたを法律が助けてくれるかもしれない。
たとえばストーカー被害の中の迷惑な面会や交際の申込みが度を越して「会わないと殺す」などと脅迫めいた言葉を言われたケースの場合。
「脅迫罪」に該当することが有る。
法律上でいう「脅迫」とは言葉や動作で相手の財産や体や名誉に危害をプラスしたり自由を奪ったりすることである。
ストーカーに電話やFAX、メールなどで暴言を吐かれたら録音するなどして証拠として警察へ提出すべきだろう。
脅迫罪が成立すると、2年以下の懲役または30万円以下の罰金に処せれる。
スポンサードリンク

ストーカーと法律-その2

ストーカー行為が原因で被害者がうつ病やノイローゼなどの病気になって通院しているケースの場合。
「傷害罪」に該当することが有る。
傷害罪とは身体的に傷つけられただけではなく、精神状態的に衝撃を受けたケースの場合でも成立するのである。
ストーカーが毎日つけまわしたり、無言電話をかけてきたり、死骸やゴミなどを送りつけてきたりしたことが原因で被害者が精神状態に支障をきたしてしまったら傷害罪が成立する。
傷害罪が成立すると、10年以下の懲役または30万円以下の罰金に処せれる。
このケースの場合は通院している病院から診断書をもらって警察へ提出す。
ストーカーに暴力を振るわれたケースの場合、または髪の毛を切られたケースの場合などは「暴行罪」に該当することが有る。
暴行罪が成立すると、2年以下の懲役または30万円以下の罰金に処せれる。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX