ストーカーと防犯の心がけ

ストーカーと防犯の心がけ

常日頃からストーカーに対して備えておくべき自己防御策と被害に対する備えに関してお話する。
盗難抑止のために自分の家の郵便ポストや自転車などには絶対に鍵をかけよう。
また自分の家の鍵も元配偶者や元恋人に合鍵を渡した経験があるケースの場合は鍵の取替えを実践するべきである。
来客などの際に玄関のドアを開けるときは絶対にチェーンをしたまま開けるようにする。
常日頃からくせにしておけばいざというときでもストーカーの住居への侵入を防ぐことができる。
更にドアスコープも絶対に覗いてチェックするようにして欲しい。
ドアスコープがなければ設置したほうが良いと思う。
電話の留守番電話の応答メッセージを自分の声にしないことである。
ストーカーがあなたの声を耳にして喜んで、何回も電話してくるといけないからである。
盗難抑止のために洗濯物は可能な限り外に干さないようにする。
浴室、室内干しにするか乾燥機を上手に活かす。
スポンサードリンク

ストーカーと防犯の心がけ-その2

エレベーターなど密室になる場所は可能な限りやめて欲しい。
どうしても上手に活かすケースの場合は、充分に周囲に注意をはらって乗り込むようにして欲しい。
もしもエレベーターの中でストーカーに遭遇してしまったら、すぐに非常ボタンを押すべきだろう。
警察に訴えときの証拠保全のために、ICレコーダーも活用すべきだろう。
日頃から小型のものをポケットに入れておけば何かのときにすぐに録音ができる。
またストーカーからの電話被害にあっているケースの場合は電話の受話器のところにICレコーダーをかませておくと良いものである。
証拠保全のために一番有力な方法は防犯カメラの活用である。
玄関や自分の家のポストに設置しておくのが適切である。
テープで録画するビデオカメラだとすぐにテープがなくなってしまう。
いまはパソコンで統制・管理できるウェブカメラが販売されているから、そちらを上手に活かすと長時間録画することができる。
防犯のために常時携帯するものとしては、防犯ブザーに、催眠スプレー、防犯ライト、特殊警棒などが役に立つ。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX