ストーカーと覗き見対策

ストーカーと覗き見対策

いつどこからストーカーはあなたの部屋の中を覗いているか解からない。
窓がすりガラスなので安心だとは思っていないだろうか。
すりガラスもよくよく見れば予想外に部屋の中の様子が分かるものなのである。
またはドアスコープは普通部屋の内部から外部の様子を閲覧するもので外部から内部は見えないものである。
しかしいまはドアスコープの外部から中を覗くことができるのぞきメガネがあるのである。
もしもストーカーがこれを用いて部屋の中を見ていたらと考えると、ストーカー被害者側もそれを踏まえて対策をとる必要が有る。
このような覗き見対策には防犯カメラを設置したり、窓や扉にセンサーアラームと設置したり、家の外にセンサーライトを設置したりすることが適切な手段であるといえる。
防犯カメラが高くて買えないという人には、いまはダミーで本物と区別もつきにくいダミーカメラが売っているからそちらを買い求めると良いと思う。
他にも「ストーカーガード」といって、窓ガラスや扉に設置するタイプの防犯アラームが有る。
スポンサードリンク

ストーカーと覗き見対策-その2

これはすき間スイッチがあって窓や扉がちょっとでも開くと大きな警報音がなるというものである。
外出時には携帯用の防犯ブザーとしても活用できるので優秀で便利である。
他にも金庫や宝石箱これ以外肝心なものが保管してある場所では「プライバシーガード」を設置しておくと良いものである。
引き出しなどに発信機を設置しておくと、その引き出しが開けられたときに離れた場所にある受信機に知らせてくれる。
またドアスコープに設置する形のカメラも売っている。
部屋や入り口に設置してある防犯カメラだとストーカーに気付かれて壊されてしまう可能性が有るが、ドアスコープにカメラがあればドアを壊されない限りは大丈夫である。
「ゲートアイ」は玄関に来客または不審者がきたときにチャイムで教えてくれる。
玄関のドアに設置する形の防犯カメラで、気になったらこのカメラでドアの外の映像を確認することができる。
ゲートアイには赤外線センサーがついているので、玄関先に一定時間以上いると室内にランプとメロディで知らせるという機能もあるのである。
こういった具合にしてストーカーの覗き見対策に適切なグッズが気のせいか多く販売されている。
自分の家にあったタイプのものをぜひ試してみて欲しい。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX