ストーカー被害対策

ストーカー被害対策

実際に自分がストーカー被害にあってしまったケースの場合の対策方法をみてゆく。
まずストーカーが自分の顔見知りだったケースの場合の対処法である。
昔の恋人などかつて恋愛感情にあった相手がストーカーになったケースの場合は、自分にはもう恋愛感情がないことをキッチリと伝達することが肝心である。
曖昧な態度をとって逃げ継続すると相手の気持ちも行動も増長し継続してしまう。
しかし気を付けなければならないのは一方的にストーカーと決め付けてしまうことはしてはいけない。
相手にその意識がないのにストーカーと決め付けてしまうと相手のプライドを傷つけて自らをストーカーと認識して更に行動がエスカレートしてしまう可能性が高いためである。
ストーカーになるタイプは友達など周囲に相談できる相手が少ない人が、誰にも想いを相談できずに自分の殻に閉じこもってしまうことでストーカー行為を行ってしまう人が多いものである。
スポンサードリンク

ストーカー被害対策-その2

であるから被害者側は友達、上司など第3者に相談に乗ってもらい力を借りるようにすべきだろう。
次に見ず知らずの人がストーカーのケースの場合の対処法である。
面識のない相手がストーカーのケースの場合、何とか対象者の個人情報を集めようと奔走するはずである。
まず1人暮らしの女性のケースの場合、1人で住んでいると思わせないようにしなければならない。
誰かと一緒に住んでいると思わせることが肝心である。
たとえば洗濯物を自分の分だけではなく、男性用の下着も一緒に干してみたり、時々近親者に家に来てもらって見回りしてもらったりすると良いものである。
周囲に誰か人の気配があればストーカーは近づきにくいものである。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX